facebook詐欺被害を回避するための方法とは?

facebook詐欺被害を回避するための方法とは?

facebookの利用において詐欺からの回避対策をとるのは有効な手段です。

まずfacebookのアカウントですが、通常はひとつのアカウントを長く使用する事がほとんどです。

しかし、詐欺サイトの登録日は比較的新しいものである可能性が高いです。

その理由は、問題があった際には古いアカウントは閉じてしまい、新しいアカウントを作成する事が多いからです。

また、チャリティーやメッセージ内容をGoogle検索にかけてみるのも非常に有効な対策となります。

文章または画像を検索してみると、同じような内容で複数の投稿やなりすましのプロフィール画像であったことがわかる可能性があります。

URLをクリックする際にも、一度検索にかけてみて内容や会社情報に怪しいところがないか確認するのも非常に有効な対策となります。

facebookを名乗るメッセージなどで金銭の要求や個人情報の公開を求められた際にも、いったん立ち止まって公式サイトに問合せを行うのが賢明です。

facebookで詐欺にあった場合無視していいか

テクノロジーの発達により文明化は進んだものの、デメリットがあるのも事実です。

その一つがfacebookを使った詐欺です。

たとえば多くの人はフォロワーやいいねの数を競い合います。

数が多ければ多いほど価値があるとみなされているからです。

そうした支持者や高評価を販売しようとする詐欺が横行しています。

一番の方法は無視をすることであり、それにより情報のやり取りを拒否していることが伝わります。

拒否をするなら、それ以後連絡を取る方法はありません。

それでも執拗に連絡をとろうとする人もいます。

悪質な場合はfacebookを管理している会社に通報することもできます。

便利な道具ですが、使う人によっては不快な思いをさせることにもなりかねません。

まさに両刃の剣ですから、悪用されないように注意が必要です。

不必要な個人情報を掲載しないようにも気を配ります。

旅行に出かけていることをその場で伝えることは防犯上よくありません。

筆者:有里良子

筆者プロフィール

山梨県甲府市生まれ。
知り合いではない相手からの友達申請は承認するか慎重に判断しています。